black.gif

ball_green.gif

 

青根ヶ峰

(青根ヶ峰)

吉野山の最南端に位置する青根ケ峰は標高858mの山です。ここはもう吉野町と川上村、黒滝村の境で、美しい三角錘の山頂に降った雨は、
東へ流れると川上村の音無川となって、蜻蛉の滝を経て吉野川に入り、南へ落ちると黒滝村に入って丹生川となり、遥か下流の五条市で吉野川へ注ぎます。
西に流れては下市町の秋野川となり、やはり吉野川に合流します。北へ流れると万葉の「象の小川」となって喜佐谷を流れ下り、宮滝遺跡の向こう岸で、吉野川へと落ちて行きます。

 こうして見てくると、この青根ケ峰こそが原初の「水分峯」で、飛鳥・藤原宮の昔、吉野宮の神奈備山として畏敬され、『万葉集』にも

神さぶる磐根こごしきみ吉野の 水分山を見れば愛しも  (巻7-1130)

と詠われています。これからあなたは天から降った雨です。宮滝の吉野川に合流する所までの旅を始めましょう。

お問合せ

お見積り依頼

新着情報

  • 施工事例に新しい事例を追加しました。
  • ホームページをオープンしました。

プライバシーポリシー

Copyright 2012 Otani Ltd. All Rights Reserved.